目の下のしわに効くクリームランキング!目元にハリが出る化粧品

目の下のしわに効くクリームランキング!

最近目の下のシワが気になる40代主婦です。

 

笑うと目尻や目の下にちりめんジワがよります。
目尻よりも目の下の方がなんとなく歳を感じます。

 

 

歳と共にハリがなくなった証拠ですよね。。。
特に目の周りは皮膚が薄く、シワになりやすいそうです。

 

コラーゲンの減少や、紫外線など様々な原因があると思います。

 

今まであまりお手入れをしたことがなかったのですが、最近恐ろしくなってきたので通販のトライアルセットを利用して、
自分にあった化粧品を探してみました。

 

効果は人それぞれだとは思いますが、私が使ってみて肌にハリが出て目の下のしわやたるみに効くアイクリームや基礎化粧品をランキングにしてみました!
参考になればどうぞ(*^^)v

 

 

アテニア



 

アテニア化粧品は「モデルが愛用している」ことでも広く知られています。

 

無添加化粧品で知られるファンケルのグループ企業で、
基礎化粧品やメイク用品などを販売している人気コスメブランドです。

 

瞼や目の下のたるみに弾力が出るという口コミも多く、
その中でもアイエクストラ美容液は一本で目の下のシワやたるみ、目元のくぼみまでケア出来ると人気があります。

 

とても柔らかいテクスチャーのアイクリームでしっとり目の下のしわに馴染みます。

 

アイエクストラセラムは約120回分使用することができ、同時についてくるドレスリフトセットは2週間ほど使えるので効果も実感できると思います。

 

【アイ エクストラ セラム セット】

 

 

 

 

 

POLA ザ アイクリーム



 

ポーラは1929年創業。
研究・開発から生産まで国内の研究所・工場にて行っています。

 

1500万件を超える肌データを元に、日本人女性の肌を研究し、
その研究を商品開発に活かしています。
ポーラの研究技術は国内外の学会において、数々の栄誉に輝いています。

 

 

多数のベストコスメ受賞!!
ポーラ最高峰ブランド「B.A」のアイクリーム。

 

ベストコスメをシリーズ累計178冠受賞し、
雑誌やテレビなどで多くメディア露出をしているB.Aシリーズです。

 

独自の保湿成分「月桃葉BAリキッド」「アケビ茎エキス」を配合した
濃密なクリームで、ゆるくなった目の下のしわを引き締めてくれます。

 

 

【POLA B.A ザ アイクリーム】

 

 

 

 

 

アスタリフト



 

松田聖子さんのTVCMで有名な富士フイルムの化粧品、アスタリフトです。
とてもおいしそうな赤い色のジェルが印象的で買ってみました。

 

 

ちょっと難しい名前のアスタキサンチンと、聞いた事のあるトマトのナノリコピンの赤い色らしいです。
このジェルを一番最初に塗ってから化粧水を塗ると驚くほど肌がモッチモチになりました。

 

強力な保湿力があり、肌が柔らかくなり目の下のしわにハリが出る感じです。
肌が柔らかくなるのでシワができにくいような気がします。

 

クリームも赤い色で「アスタキサンチン」が配合されています。

 

化粧ののりもよくなってくすんでいた肌がワントーン明るくなったような気がします。
千円で試せるので使ってみるといいですよ。

 

>>アスタリフトお試し

 

 

 

 

 

ライスビギン



 

モンドセレクション銀賞受賞実績があるライスビギン!

 

1、日本で唯一、乾燥肌を改善するライスパワーNo.11配合の薬用オールインワン
2、日本で唯一、ライスパワーNo.11配合の薬用オールインワン

 

これ1本で、化粧水、乳液、美容液、クリーム、パック、アイクリーム、
デコルテクリーム、マッサージクリームの8つの効果を兼ね備え、
更には肌の奥の基底層まで働きかけ肌を根本から変えるという新しい発想のスキンケア。

 

 

ライスパワーエキスNo.11は、「皮膚水分保持能の改善」が、
世界で唯一認められた画期的な素材です。

 

・化粧水
・乳液
・美容液
・クリーム
・アイクリーム
・マッサージクリーム
・デコルテクリーム
・パック

 

上記の8つの役割を、これ1本で果たすオールインワンクリームです。

 

オールインワン独特の重みやべたつきがないのに首、デコルテから顔にかけてしっとりもっちり潤います。
元々オールインワンには期待していませんでしたが予想外のオールインワンクリームでした!

 

浸透力がすごくて肌がふっくらします。

 

ライスパワーNO.11配合の薬用オールインワンは日本唯一、ライスビギンだけ。

 

※多くの芸能人やメディアでの紹介されていた商品ですよ。

 

ライスビギン【オールインワンエマルジョンNo.11】


 

 

 

 

 

 

ドクターリセラ



 

美容液で史上初!日本肌再生医学会の推奨商品認定です。

 

ノーファンデを目指す女性が選ぶ美容液人気No.1、などコスメ業界では知る人が知る美容液です。

 

【透輝の滴(とうきのしずく)】の成分は世界に1つしかないといわれる古代からの海洋深層水をベースに
美肌効果、見た目印象の若返り効果の特徴があります。

 

エステサロンでのみ取り扱われていた門外不出のコスメがついに解禁になりました。
浸透力がすごくてべたつきもなく、しっかり目の下のしわが潤いました。

 

 

余裕で10日間以上使うことが出来る量で、しっかり肌の調子を確かめることができます。

 

実感じた効果は、肌がワントーン明るなり、キメが細かくなりました!
敏感肌なので刺激が心配でしたが、スプレー式の化粧水もスーッと肌にしみ込む感じでピリピリ感もなく使うことができました。

 

石油系合成界面活性剤、パラベン、合成香料、合成着色料、鉱物油などの成分は一切配合していません。

 

100%有用成分でできた特別な美容液です。

 

じっくり10日間輝きセット

 

 

 

 

 

ビーグレン



 

カリフォルニア発のサイエンスコスメ、b.glen(ビーグレン)
ビーグレンは独自の浸透テクノロジー『QuSome(R)』で、肌トラブルを解決するスキンケア製品です。

 

リピート率NO、1の化粧品です。 
2週間ぐらいで目元に結構ハリがでました。
目の下のしわにもよく効く感じです。

 

皮膚の薄い目の周りに少しでも弾力がでるとしわも薄くなります。
目の下のちりめんじわが徐々になくなってくるとお化粧もしやすくなってきました!

 

乳液のようなクリームでよくのびるので使いやすく肌への浸透力がわかる感じがします。
最初はサンプルを買って試してみるといいですよ。

 

【サイエンスコスメb.glen】

 

 

 

 

目の下のしわに効くクリーム、化粧品スキンケアの選び方

目の下のしわケアには、スキンケア選びも大切です。
日々のケアの中で、しわに効果的な成分が入っているものを選んだり、日々のケア方法を改善する事で、スキンケアの能力を最大限に肌に与える事ができます。
実は、今行っているスキンケア方法によっては、皮膚に十分に美容成分などが浸透していないというケースも多く見られるのです。

 

 

ただ肌に付けているという人・高いスキンケアを買っているのに効果が表れていないと感じている人は、化粧品選びのポイントだったり、ケア方法を一読してみて下さい。

 

一つ一つのスキンケアが浸透する前に、他のスキンケアを付けてしまって効果が得られていないという事がありますよ。
自分にとって、どういったスキンケアが必要なのか、アイテムの特性を知って、本当に効果のあるスキンケアを行って、目の下のしわを改善していきましょう!

 

 

化粧水

 

化粧水の目的は皮膚の表面に水分を与えて、肌の乾燥を改善する事です。
目の下のしわを改善する場合には、特に『化粧水パック』がおすすめです。
しわが出来るという事は、その部位の潤いが足りていないという事が大きいのです。なので、ただ付けるよりはパックによって潤い成分をしっかりと行きわたらせてあげる事が大事になっていきます。
その点において、パックをするという事は理に適っているのです。ここで使用する化粧水パック用のスキンケア用品は、安い手頃な価格のもので十分です。

 

 

安価なもので良いのは目的は保湿だからです。水分を目元に与える事を目的としていますので、ここでの皮膚に与える栄養成分は必要ありません。これらの栄養は乳液やクリームで行っていきます。

 

 

【化粧パックの方法】
@コットンに化粧水を浸す。
A目の下・目尻にコットンを貼る。(3分〜5分程度)
ここでのポイントは、しっかりとコットンに化粧水を浸す事。そして、コットンは四辺切り落としタイプの物を選びましょう。
コットンによっては、端が閉じているタイプがあります。ですが、スキンケアの際に使うコットンは、こちらのタイプよりも閉じていないコットンの方が効果が高いのです。
100均にも売っていますので、選ぶ際にはチェックしてみましょう。

 

 

【高額な化粧水】
化粧パックに使う化粧水は手ごろな物でも十分だと記載しましたが、日々の顔全体のケアとして高額な化粧水を使用する事は、より効果が得る事が出来ます。
なぜなら、高額な化粧水になればなるほど、美容成分が多く入っているからです。ですので、夜の念入りなお手入れの時などに使用していく事はおススメです。
その時のポイントとしては、コラーゲン等の美容成分が”低分子化”されている化粧水を購入するようにしましょう。
低分子化とは、美容成分を非常に小さな状態にしてあるものをいいます。”ナノ化”などと、表現する言葉は複数ありますが、普通のサイズよりも小さくされてる状態で配合されている化粧水を選ぶのがポイントです。
理由は、美容成分を肌の奥へと浸透させていく場合に、通常サイズだと大きすぎて肌を通過できない為です。

 

 

肌の生成を行っている角層まで届ける為には、低分子化されている状態が必要です。
ですので、せっかく高価な化粧水を購入するならば、こうした点をチェックしてから購入する事をおススメします。

 

 

乳液

 

 

乳液の目的は肌の表面全体に水分と油分、そして栄養を与える事です。
主とする構成要素としては、水分と油、そして美容成分になりますが、次にご紹介するクリームに比べて水分の割合が多いのが乳液の特徴といえるでしょう。
化粧水で得た水分を保持しながら、水分と油分のバランスを補って、なめらかな肌へと保ってくれるのが乳液です。

 

 

クリーム

 

 

クリームの目的は肌に対して栄養を与える事。
主とする構成要素は、こちらも乳液と同じく水分と油分、そして美容成分になります。ただ違うのは、乳液に比べて水分の割合が少ないというのが特徴です。

 

【油の役割】
クリームに配合されている油は、新しい肌の細胞を作る場所である基底層という所まで美容成分を届けるという役割を担っています。
この美容成分が基底層に届く事で、肌の生まれ変わりであるターンオーバーのサイクルを正常な周期にしてくれるのです。
ちなみに、正常な周期というのが28日。
このターンオーバーは、年齢を重ねていくと段々と崩れていき28日以上の周期になってしまいます。
こうなると、新しい肌細胞が生まれて、角質が垢となって剥がれ落ちるという正常なペースが乱れてしまい、肌荒れやしわの原因となります。

 

 

この乱れた周期を正しい状態へと戻していく事がしわの改善に不可欠ですので、日々のスキンケアにクリームは欠かせません。
また、上記の理由の他にもクリームが必要な訳があります。
それが保湿の持続性。化粧水をつけて乳液をつけて・・・ここで終わってしまう方が多いのですが、これだとせっかくの保湿が逃げていってしまうのです。
実は、乳液は化粧水の潤いを保護する事が出来るのですが、長時間持続して保護する力はありません。
ですが、肌の潤いはしわ対策には必要。特に目元のしわには十分な保湿が求められます。
そこで活躍してくれるのがクリーム。乳液で保護した保湿を、クリームで更に覆う事で潤い成分を持続してくれるのです。この点においても、化粧水・乳液の後にはクリームをつけるという事は欠かせないのです。
是非、今まで乳液まででスキンケアを終わらせていた人は、クリームを使用するようにしましょう。
こうする事で、肌の状態はガラッと変わります。乾燥が激しい人はその日のうちに肌の透明感の違いを実感する事ができますよ。

 

 

美容液

 

 

美容液の目的は集中ケア。気になる箇所に、目的に合わせて美容液を選ぶ事で、気になる箇所に対してアタックしていきます。
その中でしわ用の美容液も多数販売されています。
しわ用の美容液には、しわを根本的に改善する効果のある成分が入っている為、壊れてしまっているコラーゲンやエラスチンという肌を生成するのに欠かせない成分を修復してくれます。

 

 

 

これらの効果的な成分が美容液の水分の中に凝縮されている事で、皮膚の表面のみならず、細胞レベルまで行きわたり、しわを改善して乾燥からも肌を守ってくれるのです。
この美容液の嬉しい特徴は、即効性があるという事。短時間でしわへの効果を実感したいという方は、こちらのしわ用の美容液を併用する事をおススメします。
使用する際には、まずは化粧水で肌の表面全体に水分を与えて潤わせた後に使うのが良いでしょう。
乳液を塗布する前に、目の下や目尻といった目元に軽くのせるようにして、栄養成分を浸透させると、効果があります。

 

 

目元専用のクリーム

 

目元のしわには、『リンクルケア成分』という成分が効果的なのですが、この成分が濃密に配合されているのが、こちらの目元専用のクリームになります。
このクリームによって、目元の潤いを保つだけでなく、ハリにも効果があり、肌の生成には欠かせないコラーゲンやエラスチンといった真皮層を活性化させてくれる役割も担ってくれます。
特に気になっているような方は、この専用のクリームを使う事で目元のハリを実感できるようになりますので、検討していみるのも良いかと思います。

 

 

 

幹細胞活性化化粧品

 

そして、スキンケア商品を選ぶ際の化粧品として、今注目されているのが、『幹細胞活性化化粧品』です。
どういった化粧品かというと、そもそも肌が生まれるターンオーバーには肌細胞というものがあります。

 

 

肌細胞の一生を簡単に説明すると、表皮の一番下にある肌を生成する場所と呼ばれる基底層には、お母さん細胞と呼ばれる『基底細胞』があります。

 

そして、この基底細胞は2つに分裂して、一つはお母さん細胞として基底層に残りますが、もう一つは娘細胞として、表皮の有刺層や顆粒層、そして角質層へと成長し、最後は垢となって剥がれ落ちるのです。
これが肌細胞の一生です。

 

 

このお母さん細胞と呼ばれている基底細胞は、年齢を重ねてく過程で、そして紫外線などの外部からの影響を受けて、少しずつ弱っていき減少していきます。これがターンオーバーの崩れといういわけです。
けれど、基底細胞とその下にある真皮層の中に含まれている幹細胞という場所に栄養を与える事で、なんと弱っていたお母さん細胞である基底細胞は元気になり、細胞の数を増やす事が出来るのです。

 

 

この事から、幹細胞活性化成分が入ったクリームや美容液を使用していく事は、保湿という効果だけでなく、根本的な肌生成に関わっている基底細胞に栄養を与えてくれるという事になります。
ですので、肌の衰えを感じるようになってきたと気になっている方は、この幹細胞を活性化する成分が配合されている

 

スキンケアを選択する事は、非常に効果を期待できるという事になりますので、どのようなスキンケアを選ぼうか悩んでいる方、今のスキンケアが合っていないと感じている方で、上記のような肌の状態の場合には、候補として考えてみては如何でしょうか。

 

 

ケアの方法

 

目元の皮膚というのは、他の部位の皮膚よりもとても薄く、デリケートに出来ています。ですので、優しく行っていくようにしましょう。
ここでご紹介するケアの方法は、表皮の乾燥しわと呼ばれる目の下にもできる”ちりめん皺”に特に効果があります。
ちなみに、この”ちりめん皺”の言葉の由来ですが、乾燥によって出来たちりめんのように細かな皺の見た目が、パッと見た感じがちりめんじゃこのように見受けられるところから名付けられたそうです。

 

 

●ケア方法●

 

1.優しく洗顔をしたあと、化粧水を顔全体に塗布する
2.コットンに化粧水を十分に浸して目の下に貼り、3?5分ほど保湿する事で潤いを与える
3.目元専用のクリームを塗布して、保湿した水分が蒸発しないように保護する

 

 

●ポイント●

 

【化粧水の塗布の仕方】
・手で行う場合
コットンで行うのが一番良いのですが、面倒な方は手で行うかと思います。その際には、まず手のひら全体を化粧水で保湿しましょう。
なぜかというと、化粧水を手のひらにのせてすぐに顔全体に付けたとしても、その多くの成分・水分は手に吸収されてしまう為です。
化粧水は体温の高い方へと吸収される傾向があります。
それゆえ、顔と手では手の方が温度が高い為に手に吸収されてしまいます。ですので、まずは手のひらに保湿を与えてあげる事で、すでに十分潤っている手には吸収されずに顔へと保湿成分が行きわたります。

 

 

・コットンで行う場合
一番良いのはコットンです。顔全体に化粧水を塗布する際にもコットンを使う事で、水分を肌へとなじませる事ができます。
手で行うよりもしっかりと浸透させる事ができるので、コットンをおススメします。

 

【コットンのタイプ】
そしてコットンですが、端が閉じているものではなく、浸透しやすい切りっぱなしのタイプを選びましょう。
また、2.の手順の化粧水パックを行う時に勿体ないと感じる方は、一枚のコットンを2枚に分けて当てるという方法もできます。

 

 

【専用クリーム】
クリームを塗布した後に、更に効果を高める方法があります。それが皮膚を温めるという事。
前記事の化粧水の塗布の仕方でも解説しましたが、美容成分はより温かい方へと浸透するという性質があります。
ですので、目元部分も温める事で、更に美容成分が肌の奥へと浸透しやすくなります。
方法はとっても簡単。クリームを塗布した後に上から指を温めるだけです。
これで皮膚が温まり、皮膚の奥へと浸透、美容効果も倍増します。

 

 

【美容液の活用】
よりしわが気になっている人は、クリームの前に美容液を塗布するようにしましょう。こうする事で、よりスピーディーに目の下のしわへと成分がいきわたり、改善しているという実感を得る事ができます。
ケアしている時に、目に見える変化が起こると嬉しく、持続しようと意欲も高まりますよね。
中々継続していく事が難しい方、三日坊主になりかねない方は、美容液をプラスしてあげると、続けていけると思いますよ。

 

 

アンチエイジング化粧品

年齢とともにハリがなくなり、目の下のしわやほうれい線をはじめとする肌の衰えは避けられないものですが、きちんとエイジングケアをすることで、肌を5歳若返らせることができるといわれています。

 

アンチエイジング化粧品にはさまざまな有効成分が含まれていますが、年齢を重ねた肌を若々しくするための代表的な成分をいくつかご紹介します。

 

 

プラセンタエキスは動物の胎盤に含まれており、一般的な化粧品は豚のプラセンタを抽出して化粧品に配合しています。
プラセンタは代謝を高めたり、美白効果があったり、肌のシワやたるみを防いでハリを出すなど、さまざまな効果が期待できる成分です。

 

レチノールはビタミンAなどと呼ばれることのある成分で、皮膚の粘膜を強くする効果が期待できます。
また肌の代謝を高めたり、保湿を維持する効果も高いため、アンチエイジングケアには欠かせない成分です。

 

EGF(イージーエフ)は、肌の細胞が生まれ変わるための機能を高めてくれる成分です。
もともと人間の体に存在する成分なのですが、加齢に伴い減少していくため、肌の外側から補えるよう多くのアンチエイジング化粧品に含まれています。

 

加齢肌にあらわれる症状として代表的なシミやシワ、たるみは、活性酸素による酸化が大きな原因として挙げられます。
活性酸素の発生には、紫外線や食生活などいろいろな原因がありますが、この酸化を抑えるために、ビタミンC誘導体が大活躍します。

 

これらの成分が含まれたアンチエイジング化粧品には、年齢肌を若々しくさせる効果が期待できます。
興味のある方はぜひ試してみてください。